売上の上がるホームページ-その2

ホームページだけで集客に成功しているスポーツショップの実例。

ホームページだけで集客に成功したショップ

スポーツ用具といったら、みなさんどこへ買いに行くでしょう?
ビクトリア? アルペン?
そういった大きなスポーツショップへ行っても道具が置いていないニッチなスポーツがあります。
ウインドサーフィンもそのひとつ。
1980年~90年の頃は、一時的なブームになり、ショップもたくさん誕生しましたが、今でのその多くが店をたたんでいます。
そんな業界にもかかわらず、安定して経営を続けている小さなスポーツショップがあります。
そのショップは、新規顧客開拓のための手段をホームページでしかやっていません。
以前は雑誌の広告もやっていましたが、その出稿もやめてから5年以上、インターネットだけで集客しているのです。

どんなホームページ?
こんなホームページです。
     ↓↓↓
stiffweb.jpg


どんな人がこのホームページに訪れるのか

このホームページには、どんな人たちが訪れているのでしょうか?
ヤフーやグーグルで検索した時、どんなキーワードでこのホームページが表示されるかがヒントになります。
そこで、このホームページが検索エンジンでどのように評価されているかを見てみましょう。


「千葉 ウインドサーフィンスクール」

chibawindsurfinGoogle.jpg

このキーワードではヤフー、グーグルとも1位です。

「千葉 ウインドサーフィン」

chibawindsurfinYahoo.jpg
このキーワードではヤフー=1位、グーグル=3位。
さらに...

「東京 ウインドサーフィン」

tokyowindGoogle.jpg

というキーワードでも、グーグル=1位、ヤフー=9位。

「ウインドサーフィンスクール」「ウインドサーフィンショップ」

というキーワードでも好位置を確保しています。

もちろん「お店の名前」で検索しても出てきますが、「はじめてウインドサーフィンをする」という人が、いきなり千葉の片隅にあるお店の名前を検索することはあり得ません。
そこで、このホームページでは、「お店の名前」よりも「地域名(この場合だと千葉)」「ウインドサーフィン」「スクール」といってキーワードに重きを置いたサイト作りをしたのです。
検索エンジンで上位表示するようないくつかの工夫も施していることは、言うまでもありません。



訪問者にナニをしてもらうか=訪問者がナニをしたがってるか

さて、「地域名(この場合だと千葉)」「ウインドサーフィン」「スクール」という検索ワードをたどって訪れた人に対して、どんなメッセージを発しましょうか。
スポーツショップですから、「物を売る」ことをしなければ商売になりません。
普通は、ここで、「各ブランド取り揃えてます。格安・激安でお届け!」という「物売り口上」を入れたくなります。
しかし、それでは、「千葉」「ウインドサーフィン」「スクール」という検索で来てくれた方に対して、いきなり物を売ろうという姿勢になります。
当然、訪問者は違和感を感じますね。
そこで、まず「スクールを受けてみませんか?とっても楽しいですよ♪」というメッセージを伝えるのです。
実際は、スクールを運営するための人件費や設備投資などで、スクールだけでは利益は上がりません。
しかし、スクールを通じてウインドサーフィンの楽しさを知った人は、その後のステップで道具を買ってくれるというわけです。

物販的ではない検索ワードで集客する理由

ここで気がついていただきたいのは、最初から、「激安スポーツブランド取り揃え」...的な集客を排除しているということです。
「激安品」を求めるお客さんを集客しても、そういう人は、安い店へと渡り鳥のように流れる傾向がありますから、すぐに離れる可能性が高いです。
また、狭い業界ですから、「顧客の取り合い」にもつながり、それがエスカレートすることは業界全体の利益にもなりません。
そこで、最初から「これからウインドサーフィンをやってみたいと思う初心者」をターゲットにしたホームページになっているのです。
まずは、ウインドサーフィンを体験してもらい、その楽しさを味わってもらう...これをフロントエンドとし、バックエンドとしてボードやセイル、ウエットスーツなどの物販があるのです。


どんなビジネスでもホームページは強い武器になります。

ホームページやインターネットでビジネス、というと、すぐに「インターネットショッピング」とか「通販サイト」などを思い浮かべるかもしれません。
しかし、このスポーツショップの例のように、店舗販売においても、ホームページはとても頼りになる営業ツールになるのです。
ネットであれリアルであれ、商売やビジネスをする方にとって、ホームページをどう使うかはとても重要になります。
有限会社イマジンには、広告作成の豊富な経験があります。
そしてインターネットビジネスでの数多くの実験と実績にもとづいたノウハウがあります。ホームページのない方はもちろん、すでにあるけれども売り上げにつながっていない、という方のご相談にも乗っています。
どうかお気軽に連絡をしてください。

Imagine Inc.Official Site:トップ > 売上の上がるホームページ-その2